【ラブコメ】ラブコメの王道パターン「犬猿」について書いてみた!

犬猿とは、文字通り「最初は犬猿の仲でありつつも、最終的には恋に発展していく」という王道パターンです。

この王道パターンは、別名アンチと呼ばれています。

結末から逆算して、逆の状態からスタートする手法のことです。

「お互いに結ばれる」を着地点とするなら「関係が最悪」なところから始めなければなりません。

そんなラブコメパターン犬猿」について書いていきます。

犬猿とは?

それをラブコメなどの恋物語のみに派生する場合「犬猿」です。

主人公とヒロインがお互いに嫌いあっているにも関わらず、物語上の様々なイベントを乗り越えることによって、お互いに気持ちが近づいていくパターンです。

このパターンで重要なのが、いかに犬猿の仲である二人を一緒にするかというシチュエーション作りです。

二人を一緒の設定にしておかないと、犬猿の仲であるため勝手に離れて二人の距離が縮まることはないからです。

また、犬猿では最初の出会いが最悪ではありつつも、徐々に惹かれ合っていく変化を描くことがキモです。

故に、可能な限り出会いを最悪なものにしておきましょう。少しドキッとするイベントでも大きなギャップになります。

始めと終わりの幅が大きければ大きいほど、変化が生まれ物語がドラマチックになります。

同時に、キャラクターのギャップも生まれます。ギャップが生まれれば、キャラクターが多面的になり、リアリティーのあるキャラクターが描けるでしょう。

 

実例!!

とらドラ!

あらすじ

父親譲りの目つきの鋭さのため、ヤンキーに見られてしまうことを気にしている高須竜児は、高校2年に進級し、以前から好意を寄せていた櫛枝実乃梨や、親友である北村祐作と同じクラスになることができた。一方で、新しいクラスメイトの間にはびこる「高須はヤンキー」という誤解を、また最初から解かねばならないことが憂鬱であったが、実乃梨の親友で誰彼かまわず噛み付く「手乗りタイガー」こと逢坂大河との出会いにより、意外に早くその誤解は解かれることとなる。

ある放課後、大河は想い人の祐作にラブレターを出そうとするが、それを間違って竜児のカバンに入れてしまう。祐作へのラブレターを送ったことを知られたと思った大河は、深夜取り返すべく高須家に忍び込む。(高級マンションに住む大河の寝室の窓と高須家のベランダがほぼ同じ高さにあり、簡単に侵入できるのである) この夜のやりとりがきっかけで、竜児と大河は「お互いの恋を応援する共同戦線」を張ることになる。翌朝、大河に家に来るように電話で怒鳴られた竜児は大河のマンションに出かけていくが、大河は一人暮らしで部屋はひどく荒れており生活感がなかった。寝ている大河を見た竜児は「作り物の人形みたいで小さくてかわいい」と大河を意識してしまう。wikipedia「とらドラ!」より

あらすじの通り、主人公竜児は大河のことを絡まれたくないやばい奴だと思っている。

一方の大河も竜児にラブレターを見られて、木刀で記憶を消そうとする。

そんな大河のことを竜児は面倒なやつと思いつつ、恋の協力をしているうちにお互いに惹かれ合っていきます。

この変化のなかに、二人やその周囲に葛藤が生まれ、ドラマが作られています。

大河の横暴な態度と、その中にある素直な気持ちとのギャップで、大河のキャラクター自身も可愛く見えてくる作品です。

とらドラ!【電子書籍】[ 竹宮 ゆゆこ ]

価格:275円
(2019/5/3 13:50時点)
感想(0件)

とらドラ!(1)【電子書籍】[ 竹宮 ゆゆこ ]

価格:616円
(2019/5/3 13:50時点)
感想(0件)

ニセコイ

あらすじ

10年前、一条楽は一人の少女と出会う。短い時間だったが、2人の間には幼いながらも愛情が芽生えていた。そして少女との別れの時、彼女は「ザクシャ イン ラブ Zawsze in love」(愛を永遠に)の言葉と共に楽に錠を渡し、「いつか私達が大きくなって再会したらこの『鍵』でその中の物を取り出すから、そしたら──結婚しよう」と約束する。

錠が開かないまま時が過ぎて10年後、高校生になった楽は転校生の少女・桐崎千棘と出会う。最悪な出会いの後、親のいいつけで「千棘と3年間、偽の恋人同士になってもらう」ことになり、驚愕する楽。こうして2人の「ニセコイ」生活が始まった。しかし千棘との付き合いの中で「もしかしたら、彼女が『約束の女の子』なのでは?」と感じるようになるのだが、楽のクラスメート・小野寺小咲もかつて知り合った少年との間に「約束の鍵」を持っており、彼女にとっての「約束の男の子=楽」かもしれないと感じるようになる。途中からは、鍵を持つ三人目の少女・橘万里花が、さらにこれまでの三人と同じく鍵を持つ、楽の幼なじみ・奏倉羽も登場する。さらに2年生に進級すると、小咲の妹である春、誠士郎の旧友ポーラなどが加わる。wikipedia「ニセコイ」より

主人公の楽とヒロインの千棘は犬猿の仲

しかし、楽の家はヤクザで、ヒロインの千棘の家はマフィア。

抗争を始めようとするお互いの家を止めるために、二人は偽物の恋(ニセコイ)を始め、抗争を止めるところからお話が始まります。

この犬猿の仲だった二人が嫌々ながらも、恋人のフリをし、そのままお互いに惹かれ合っていくというお話です。

最初はゴリラのようなヒロインだった千棘から、惹かれ合っていくうちにだんだん可愛く見えてくるという変化が生まれています。

また、他のキャラもコメディ特有のありえない展開で、ギャップが作られています。

終わりに

ラブコメパターン「犬猿」では、最初に「仲が悪い」「仲が最悪」というから物語を始めることによって、「仲が良くなる」「結ばれる」というハッピーエンドまでの振り幅を大きくすることができます。

この振り幅が大きければ大きいほど、物語に変化が生まれ、変化は葛藤を生んでくれます。

また、この振り幅の分だけギャップが作られキャラが可愛く見えます。

実例はたくさんあるので、ぜひ探してみてください。

ツンデレヒロインが出てくる作品は、大体使われていますよ。

【ラブコメ】協力から始まる恋。恋の共同戦線戦【パターン】

2018年7月28日

【ラブコメ】簡単に意外性のあるオチが作れる!? 同一行動とは!?

2018年1月5日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です